ニキビが出来る原因

ニキビが出来る原因にはどのようなものがあるのでしょうか。ニキビが発生してしまう原因には色々あり、思春期の時期にできるニキビと大人になってから出来る大人ニキビでは原因が違います。ニキビの違いについて見ていきましょう。

思春期に出来るニキビの原因は過剰な皮脂の分泌になります。皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が詰まってしまい、ニキビが発生する原因になるのです。予防するためには洗顔が有効だと言われています。また普段メイクをする人は肌への負担があることからニキビがひどいときにはメイクを控えることが大切です。

不規則な生活大人になってからできる大人ニキビは、思春期ニキビと原因が違い、厄介なことが多いことが知られています。大人のニキビを治すためには正しい洗顔だけではいけません。乱れた生活習慣の人はそのような生活を改善するところからはじめなければいけません。またタバコはニキビの大敵ということも覚えておきましょう。

このように思春期の時期と大人になってからのニキビでは原因が大きく違います。そのようなことから自分にあった化粧品選びやスキンケアをすることが大事になります。自分のニキビの原因がわからない場合や、スキンケアをしても治らない場合は最寄りの皮膚科に相談に行きましょう。